貴族の館を利用したパリの写真美術館
写真を発明したフランスならではのスポットをご紹介します。
ヨーロッパ写真美術館。
パリ4区のセーヌ川近く、マレ地区の優雅な通りの一角にある写真専門の美術館です。

e0141635_0375328.jpg

ヨーロッパ写真美術館 Maison Europeenne de la Photographie

写真を発明した国フランスだけあって、そのコレクションは欧州最大級。
現代写真1万数千点を所蔵し、常にみなを驚かせる奇抜な展示を意欲的に行っている。
現代写真だけでなく、昔の雑誌や写真をもとにした「写真の歴史」に関する幅広い常設展示もあって見応え十分。

e0141635_0415440.jpg

パリ4区マレ地区、写真美術館前のフォルシィー通り

その魅力は展示だけではありません。扱っているのが現代写真でも建物はかなり古いのだ。
それもそのはず、18世紀の始めに建てられた貴族の館(エノー・ド・カントルブ館)の中にあり、
歴史ある古びた階段を上がっているとなんだか貴族のプライベートなパーティに呼ばれたかのよう。屋内にはカフェやショップもあり、写真鑑賞後はゆっくりと時間を過ごすことができる。
また美術館の入り口には「Niwa(庭)」と題された美しい石庭があります。
これはパリ在住30年以上の写真家田原桂一氏の作品。
パリに突然出現した「庭」は、美術館に入る前のちょっとした小休止にちょうどいい。

e0141635_0425163.jpg

写真美術館前にある石庭「ニワ」

ちなみに水曜の17時以降は入場無料となっているのでオススメ。写真好きにはたまらない美術館といえそうだ。
[PR]
by kou-mikami | 2010-11-12 00:47 | パリの街角
<< パリ左岸では珍しい階段通り 読書ができるパリのワインバー >>



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧