カテゴリ:パリの作家・芸術家( 7 )
エリック・ファーユ『長崎』
フランスの作家エリック・ファーユの『長崎』を読みました。
2010年にアカデミー・フランセーズ賞を受賞した小説の邦訳です。

数年前に日仏学院で彼の講演を聴いて以来ずっと気になっていたのですが、
その邦訳が2013年の秋に出版。ようやく読むことができました。
長崎に住む独り暮らしの男に起きた不思議な事件に関する物語。
平凡な日本人を主人公にした今までにないフランス小説です。
久しぶりに新しい世界を堪能しました。

e0141635_2323225.jpg


【ストーリー】

長崎市にある気象台で働く独身の中年男性シムラは
市のはずれにある一軒家で真面目で規則正しい生活をしている。
毎日同じ電車に乗って職場に行き、観測所のデータを解析する。
仕事が終われば同僚と飲むこともせずに帰宅する日々。
しかしある日、冷蔵庫のジュースが微妙に減っていることに気づき、
不審に思った彼は部屋に監視カメラを取り付ける。
そこに写っていたのは一人の見知らぬ女性だった。


【日常の中にふと開く穴をリアルに描く】

もし昼間は誰もいないはずの自分の家に、誰がいたら。
部屋にとりつけたカメラに、誰かが部屋の中を動くのが映っていたら。
あなたはどう感じるでしょうか。
恐怖、不審、不安。おそらく最初はそのような感情を持つでしょう。
しかし、しばらくするともしかしたら、そこに
もう一つの人生を見るかもしれません。

実際に合った新聞の三面記事に着想を得たこの物語は、
元ジャーナリストであった著者エリック・ファーユならではの
簡易でリアリティのある描写で読者を不思議な日常世界へと引き込みます。
そして小説全体がフランス文学ならではの深い暗喩に満ちています。
日常に空いた穴から人生の本質を探る静かな物語。


【フランス人から見たミニマルな日本社会を描写】

また小説の脇を固める設定も面白い。舞台はなぜか日本の長崎。
気象台で働く中年の独身男性が主人公というのがいいですね。
文章も読みやすく、フランス人から見た日本の生活も面白い。
日本のコミカルな部分やミニマルな日常風景が描かれる。
カウンターしかないトリスバーや炊飯器や弁当などの小道具を出すあたりに
著者の日本への愛着が感じられます(著者は日本映画をかなり観ているようです)
日本好きなフランス語圏の作家では他にアメリー・ノトンがいます。

フランスでアカデミー・フランセーズ賞をとった『長崎』。
フランス人から見るとエキゾチックな舞台設定なのでしょうか。
しかし単に異国情緒だけではない、ミニマルで深い世界が描かれています。


【平凡な男の人生をミステリー仕立てで人間の本質に迫る】

小説『長崎』はミステリー仕立てでありながら、
決して解決のできない人生の空虚さが描かれています。

主人公シムラは一軒家に独りで住みながら、変化のない生活を好んでいます。
しかしそこに女が現れることによって、彼は生活を脅かされれます。
しかしそのせいで自分の生活を省みるようになります。

彼女が自分の家に侵入したことに憤りと不審を抱きながらも
彼は彼女の痕跡が部屋のどこかに細胞レベルで残っているのだと思い、
そこに何かを感じ取ろうとするのです。

「女は炊飯器の上に指紋だけでなく、きっと死んだ細胞をも
残していったに違いない。(中略)その物理的特性はわたしたちにはまだよくわかっていないが、クォークや陽子はあらゆるものの鍵を持っているのだ。」

そして、平凡で孤独だった自分の人生に起きたこの事件について
深く考えるようになります。

「わたしの家で起こったことを、ある日、どうしても理解しようと望むなら、
おそらく今日からでも化石のような細胞を拾い集め、それらを研究しなければならないだろう。」

人間はいつでも一人きりの世界で生きているように思ってしまう。
それが人が孤独を感じる理由だろう。
しかし、あるときそうではないことにふと気付く瞬間がくる。
今自分のいる場所には多くの人の痕跡が残っているはずであり、
それは誰に伝わることなく漂い続けているのかもしれない。
そしてその痕跡を見つけることで、
自分自身も知らないうちにその場所に痕跡を残し、
変化していっているという事実を知る。

「その年はわたしを変化させつつあるということ、
そしてすでにしてわたしがもはや完全に同じ人間ではなかったということを
わたしは理解していた。
いかなる点での変化であったのか、それを定義することができなかっただろう。
しかし、その変化からまったくの無傷のままで出てくることはできないだろう。」


【もう一人の主人公】

この小説のもう一人の主人公は、彼の家に侵入した女です。

家を失った失業者の女がさまよう人生は、
平和でも意味のある人生でもなく、本当のあからさまな意味のない人生として
読者の前に提示されます。
それはいつかは過去となって消えていく人間の生活であり、
人生に意味などないという悲しみです。

「わたしに確信の持てたことがひとつあるとすれば、それはこれです。意味は存在しない、つまり、意味は前もって存在していなかったということです。意味の観念は、自分の不安に軟膏を塗ろうとして人間がでっちあげたものです。」

しかし主人公の男の家に侵入したことによって
彼女はかつての自分を思いだし、一時的に人生を取り戻します。
それは子供時代の自分の痕跡であり、
再び生まれた場所に戻ってきた鮭のような生物的な円環でした。


【タイトルの「長崎」の意味】

小説のタイトルは『長崎』。もちろん日本の長崎を舞台にしているからですが、
そこにはそれ以上の意味が込められているように思えます。

小説の中で長崎は「外部からの侵入者を受け入れる場所」という意味で
使われています。

自分の家を日本列島にたとえ、家の一番奥にある部屋の押し入れを長崎の出島に
たとえる比喩はなかなか面白いです。
オランダ人という外部の異人が知らないうちにやってきたように、
彼の家に闖入した女も、知らないうちに彼の人生に現れた。
それは恐れや不安であり、新しい世界の始まりでもあったはずです。

「そして江戸幕府は、その二世紀半もの間、ヨーロッパというひとりの密航者が
その衣裳部屋に棲みついたことを、いわば知らないふりをしていた・・・。」


【人間それぞれの帰る場所】

私はこの小説を読んで、自分にはどこかに帰る場所があるのだろうかと思った。
たとえば昔住んでいた家がもう誰かのものになっていたり、壊されてなくなっていたら
もう戻ることはできない。
それでも、いつかそこへ行きたいと思った。

「わたしは、だれでも自分の過去の記念の地に好きな時に戻ってくることができるという不可侵の権利があることを、世界中のすべての憲法に書き込むべきだと思います。
そしてひとりひとりに、その子ども時代が演じられたすべてのアパートや家や庭に近づくことを可能とする鍵束を預け、そうした思い出の冬の宮殿に何時間も留まることを許可しなければなりません。」

『長崎』は人生の居場所を探し求める物語だ。

エリック・ファーユ『長崎』
Eric Faye, Nagasaki(2010)

[PR]
by kou-mikami | 2014-03-12 23:04 | パリの作家・芸術家
ダヴィド・フェンキノス『ナタリー』
久しぶりに現代フランス作家の恋愛小説を読みました。
読みやすい文章、軽やかな文体、物語と関係のない断章の数々、
いかにも女性に好まれそうな現代作家といった感じです。
ネットで見る限り、日本人女性読者の評価は高いようですね。

最初の数ページはよくある恋愛小説かなと思っていましたが、
その後大きな喪失を経験した女主人公の心理が非常に細やかに描かれ、
また彼女を取り巻く登場人物のコミカルさが非常に面白く、惹きこまれました。
主人公たちの映像が頭に浮かび、映画を観ているような感覚でした。

e0141635_1972082.jpg


【ストーリーについて】
幸せな結婚生活をしていたパリに住む女性ナタリー。
しかしある日夫のフランソワを交通事故で失くします。
その後、深い喪失感を抱えながら自宅にひきこもっていましたが、
ある日会社に復帰してひたすら仕事に打ち込む毎日が始まります。
しかし彼女の心は以前と同じで固く閉ざされたままでした。
会社の社長シャルルの誠意とセクハラの交じった誘惑にも無反応で、
バーで出会ったいい感じの男性との夜も自分から逃げてしまいます。
もう仕事以外の何も彼女の関心を引き付けることはできませんでした。
しかしあるときオタク気質で冴えないスウェーデン人の部下マルキュスが
彼女のオフィスに入って来た時、彼女にある変化が生まれます。

この小説は平凡な日常とどこにでもありそうな恋愛を扱っていながら、
心理描写と一見意味のないディティールを巧みに配置することで、
読者に先へと読ませる力を持っています。
後半からの展開はあまりに唐突で奇抜なストーリーだと思いましたが、
普通の恋愛小説とは全く異なる状況が反対にリアリティを感じさせます。
読み終わって、この物語の伝える視点の面白さに気付きました。

【喪失のあとにやってくる変化】
この物語は人間についての鋭い観察記録とも言えます。
深い喪失で苦しみを持っている人は、もう何かを楽しんだり幸せを感じたりすることが
難しいと思えてしまうことがあります。特に親しい人を失った時には。
しかし人間の身体は常に変化をしています。
心は閉ざされていても、生命としての身体が自分自身を
あるとき次の人生へ突き動かしていくことがあるのかもしれません。
そんな可能性を感じさせてくれたのが『ナタリー』でした。

【3人の視点から描き、男女の心理を両側から描写】
またこの小説の面白いところは、心理描写の主体が変わることです。
もちろんナタリーが主人公なのですが、部下マルキュスや社長シャルルの
視点からみた男性心理の変化も描かれていて、
愛する女性を得ようとする男性の滑稽なまでの思考や行動が興味深い。
履歴書の写真を見た時からナタリーを気に入ってしまった社長シャルルは、
様々な策を使って夫を失ったナタリーを誘惑します。
しかし最終的にはナタリーに拒絶されて絶望の淵に落とされます。
しかしその悲しみによって、彼には新しい変化と今までにない感情が生まれます。

【フランス企業内のコメディ】
また『ナタリー』は企業内のコミカルな人間模様を描いた小説としても楽しめます。
スウェーデンと取引のあるフランス企業が舞台ですが、
出てくる人物はどれもキャラクターが立っていて、漫画の人物のようでもあります。
セクハラをする社長に噂好きの部下など、だいぶ誇張されているようにも見えますが
フランス人にはこのような人がいるだろうなというリアルさも感じさせます。

【小説に登場する音楽と文学】
小説の中に実在の音楽や文学、映画が登場することも印象的でした。
主人公と亡き夫の思い出の曲として
アラン・スーションの『逃げ去る愛』が出てきます。
これはフランソワ・トリュフォーのアントワーヌ・ドワネルシリーズの
最後の作品『逃げ去る恋』(L'Amour en fuite/1979)の中で流れていたもの。
個人的にこの映画シリーズが好きなので、ナタリーの存在が
すごく身近なものとして感じることができました。
また彼女が読んでいた小説はコルタサルの『石蹴り遊び』。
幻想作家の長編を読む女性、一筋縄ではいかない感じが伝わってきます。

読後感としては、とても読みやすい恋愛小説でした。
なんだか最近の恋愛映画を観たような感じで、
登場人物の滑稽なキャラクターや目に浮かぶような描写も映画的です。
しかし決して軽い小説ではなく、そこに含まれる人間への観察眼は
まさにフランス小説といった深い味わいがありました。

ちなみにオドレイ・トトゥ主演ですでに映画化されており、
原作者ダヴィド・フェンキノスが弟と共同で監督をしています。
こちらも是非観てみたいと思います。

『ナタリー』"La Delicatesse"(2012)
ダヴィド・フェンキノス著
中島さおり訳
[PR]
by kou-mikami | 2013-08-30 19:07 | パリの作家・芸術家
アメリー・ノートン『チューブな形而上学』
ベルギーの作家アメリー・ノートンの小説『チューブな形而上学』を読みました。
生まれから3歳までの記憶を元にした驚くべき物語(自伝)です。

e0141635_9165965.jpg


デビュー作『殺人者の健康法』を読んで以来、
彼女の作品の独創的な世界観に毎回魅せられてきました。
あまりにミニマルで深い世界を独自の理論で掘り下げて真理へと導く彼女の作風は
ヨーロッパで最も人気のある作家と言われ、新作が出るたびに注目されています。
外交官を父に持つアメリーは、5歳まで日本で暮らしていたそうで、
日本への強い想いが描かれた小説が多いのが特徴です。
日本企業を舞台にした『畏れ慄いて』は映画にもなりました。

今回の『チューブな形而上学』も日本が舞台です。
場所は彼女が幼少時代を過ごした大阪の夙川。
自分がこの世に生まれてから3歳までの自伝という形をとった信じられない小説です。
ほとんどの人間が記憶の外にあるはずの3歳児までの世界を
彼女はなんとも哲学的に語っています。
どこまでが本当のことなのか分からないほど、物語は理論的であり驚異的です。

「はじめに無があった」という書き出しで始まりますが、
これは新約聖書の書き出し「はじめに言葉があった」と掛けています。
おそらく世界の始まり、宇宙の始まりを意味するのでしょう。
たまに子どもとは宇宙からやってきた生命なのではないかと感じることがありますが
もしかしたら本当に一つの新しい宇宙が体内に潜んでいるのかもしれません。
生まれたばかりの頃、主人公は自分のことを「神」だと信じ、「無」であることに満足していました。

「神は完璧なる充足であった―
何も欲さず、何も期待せず、何も知覚せず、何も拒絶せず、何に対しても興味がなかった。」

つまり彼女は存在するだけの存在で、周りの世界には全く無関心だったのです。
泣き声もあげなければ手足を動かすこともせず、周りの世界を見ることもない。
ただ体内に栄養を摂取し、排せつするだけの生き物。
タイトルにある「チューブ」とはそんな「入れて出すだけの状態」からきています。
これは通常の人間の子供ではありえない異例のケースです。

何に対しても反応せず動くことさえしない主人公を両親は心配し、医者に見せますが解決はしません。
人間としての特徴を持たない主人公に対して、両親は彼女を「プラント(植物)」と呼びます。この辺りはアメリー・ノートン独特のブラックなセンスです。

彼女は人生の約2年間をこのような無として過ごします。
そして生まれてから2年半が経ったある日、
ベルギーからやってきた祖母がくれたベルギー産のホワイトチョコレートを食べることによって、世界は素晴らしい知覚に満ちていることを初めて知ります。
具体的なお菓子が、彼女を人間の世界に連れて行ったという事実が面白いです。

「喜びというのは素晴らしいものだわ。だってわたしが『わたし』だってことを教えてくれたんだもの」

彼女はホワイトチョコレートの甘みによって自分を獲得したのです。
この視点については、人間の存在について深く考えさせてくれます。
自分とは何か。それはおそらく今この場所で知覚している状態そのものなのでしょう。
世界に対して寒いと感じたり暑いと感じたり美味しいと感じることこそ
自分の存在を教えてくれるもっとも確かな証拠です。
美味しさを発見することは自分を発見すること。
それほどまでに味覚とは大事なものなのだと改めて実感させてくれるエピソードです。

2歳半にしてようやく人間となった主人公はその後
ベルギー人の両親、兄と姉、優しい日本人家政婦のニシオさんに囲まれながら
様々な興味をもって周りの世界を知って行きます。
この辺りから家族の日常生活がユーモアをもって描かれ、
コメディ的な要素が詰まったエピソードがいくつも挟まれます。
特にベルギー人の父親が仕事の合間に「能」を習い始めた下りは非常に面白いです。
ベルギー人から見た日本文化という視点でもこの本は非常によくできています。

主人公は通常の子供と同じ、いやそれ以上に世界に関心を持ち成長していきます。
外交官という父の仕事に興味と疑いを持ち、海水浴場で死への恐怖を体験し、
鯉という口を開けて餌を待つ魚の醜さを嫌悪し、本を読んで言葉の持つ力に感動します。

「本の中で『猫』という単語を見たら、
それは私の知っている近所の美しい目をした猫とは違う猫のことだ。
けれども本の中のその単語は、わたしに近所の猫が見せてくれた眼差しを思い起こさせ、
その猫に見つめられた時のような喜びを与えてくれる。」

しかし3歳になったある日、世界は大きく変化します。
大好きだった家政婦のシニオさんが辞めると言い出した時、
世界はいつか壊れることを初めて知ります。
そして、いつか日本を離れなければならない事実も知ってしまいます。

「与えられたものは奪われてしまう。ある日、ある時、何の理由もなしに、
恐ろしく厚かましい力があなたの人生を襲うのだ。」

3歳にして人生の空しさを感じた主人公の思考能力に驚きます。
美しい季節は二度と戻らぬことに悲観し(まだ四季が巡ることを知らない時期です)、
池で餌を待つ鯉の口に人間自身への不快感を感じとります。
結局人間は何かを呑み込んでは空になるチューブのような存在でしかないことに空しさを覚えます。
そしてある恐ろしい事件が起こります。

この物語で展開される彼女の思考は、3歳児にしてはあまりに高度で繊細すぎる気もします。
しかしもしかしたら自分が覚えていないだけで、
3歳までの人間は通常とは異なる鋭敏な感覚を持っていたのかもしれません。

「三歳という年齢では、あなたはまるで火星人だ。初めて降りた地球で発見したものに魅了され、同時に恐れを抱く。前代未聞の不透明な現象を観察するが、そのどれもが理解できない。
あなたは自分自身の観察の結果に基づいて、自分だけの法律を創案しなければならない。」

生まれてから3歳までの記憶を元にした物語。かつてこんな小説はありませんでした。
今までにない新しい世界を作り出すことが小説の役目だとしたら、
彼女の小説は完全な成功を収めたと言っていいでしょう。

まだ記憶の外にある存在だった自分を掘り起こすような体験をしたい方には
おすすめの小説です。
[PR]
by kou-mikami | 2013-08-24 09:21 | パリの作家・芸術家
エリック・ロメールの墓へ
『春のソナタ』や『夏物語』などフランス人の若者の瑞々しい恋愛映画を撮った監督エリック・ロメール。
彼が亡くなったのは2010年1月11日のことでした。
彼は今、パリのモンパルナス墓地で眠っています。

e0141635_1834982.jpg

モンパルナス墓地。奥に見えるのはモンパルナスタワーです。


しかしエリック・ロメールの墓を探すのはとても時間がかかりました。
というのも、設置されたばかりだったため地図に彼のお墓が載っていなかったからです。
また墓石にはエリック・ロメールの名前がないことも時間がかかった原因でした。
彼の本名はモーリス・シェレ(Maurice Scherer)。享年80歳でした。


e0141635_1835793.jpg

ようやく見つけたエリック・ロメールの墓


ロメールの作品に日本人のファンが多いと聞きますが、
やはり繊細な人間関係と日本人的で温和な女性が出てくるからかもしれません。
私も彼の映画の大ファンで、私がフランスの世界に入り込んだのも彼の映画がきっかけでした。

彼の最後の作品は『我が至上の愛』という長編映画。
彼の逝去後に鑑賞しました。

e0141635_18353383.jpg

『我が至上の愛』"Les Amours d'Astree et de Celadon"(2007/フランス)


フランスがまだガリア地方だった5世紀が舞台。
とある牧歌的な村落に住む羊飼いの男女の純愛が描かれています。なにもかもがまさに御伽噺的で、まったくつじつまが合わないことばかり。
しかしすごいのは、この物語が忠誠的な至上の愛とは何かをあまりに真剣に教えてくれるところ。
ちょっとおかしくて、変でつっこみをいれたくなるようなストーリー展開も、よくよく考えてみればロメールが人生を通して伝えたかった愛を語るため。
自然が美しくて、女性が可愛くてエロティックで、そして最後に教訓を残す。フランス映画の極みはやはりロメールにある。ロメール、今まで本当にありがとう。

e0141635_18354875.jpg

[PR]
by kou-mikami | 2012-12-05 18:49 | パリの作家・芸術家
サン・ルイ島散策:ボードレールが『悪の華』を書いた館
セーヌ河に浮かぶサン・ルイ島は、
高級住宅地として知られる静かなエリア。

美味しいアイスのお店で有名ですが、
観光地と言うよりは河岸をゆっくり散歩するのに最高の場所です。

そんなサン・ルイ島の河岸の通り沿いに立つ、とある館をご案内します。
フランス近代史の父といわれるボードレールが青春時代を過ごし、
あの『悪の華』の大半を書いた館です。では散策開始!

e0141635_22555563.jpg

サン・ルイ島に入り、北河岸を走るアンジュー河岸(Quai d'Anjou)を歩きます。
天気がよくて散策にはもってこい!対岸に見えるのはマレ地区です。
(サン・ルイ島へはシテ島からサン・ルイ橋を渡って行くことができます)

e0141635_22582762.jpg

少し歩くと、豪華なバルコニーのついた建物が見えてきます(写真・左部分)。
ここが「ホテル・ピモダン」(Hotel Pimodan)という館。
ここは19世紀に文学者テオフィル・ゴーティエの『ハシシュ・クラブ』となり、ボードレールはそのクラブに出入りしていました。

e0141635_2259364.jpg

重厚そうな扉です。
現在オテル・ピモダンはローザン館(Hotel de Lauzun)に
名前が変わっていますが、建物はそのまま残っているんですね。
現在はパリ市の迎賓館として利用されています。

ボードレールは『パリの憂鬱』や『悪の華』で知られるフランスの詩人。
生前に発表した唯一の詩集『悪の華』で知られるようになりました。
20歳になったばかりのボードレールは亡父の遺産を分け与えられたあと、
転居を繰り返してようやくサン・ルイ島のオテル・ピモダンに
居を構えました。

1843年から1845年の約2年間、彼はこの館で青春時代を過ごし、
『悪の華』に収める詩の大半を書き上げました。
ボードレールはこの時期に、ヴィクトル・ユーゴーやテオフィル・ゴーティエ、
サント・ブーヴと知り合っています。

e0141635_2301969.jpg

この館は1657年に建造というから、その古さにおいても見る価値ありです。
有名な建築家ル・ヴォーが設計しました。
サン・ルイ島の散策のついでに訪れてみてはかがでしょうか。
[PR]
by kou-mikami | 2011-02-12 23:09 | パリの作家・芸術家
フィリップ・ソルレスとクロズリー・デ・リラ

パリと言えばカフェ。カフェと言えばパリ。

その理由の一つは、文化とカフェが一体になっていること。
チェーン店ではなく、カフェの一つ一つにユニークな歴史があります。
カフェなくしては絵画や文学作品が生まれなかったとさえいえます。
ベルエポックの時代、作家たちはカフェで議論し、カフェで作品を生み出していきました。

そんな文学カフェの中でも有名なのが
モンパルナス界隈にあるカフェ「クロズリー・デ・リラ(Closerie des Lilas)」
こんもりとした緑の木陰の中にある、少々秘密めいたカフェ&レストランです。

e0141635_1358520.jpg


クロズリー・デ・リラの外観

ここには多くの作家たちが通い、彼らの名前が
テーブルに刻まれています。
ボードレールやアポリネール、そしてパリを愛したアメリカ作家のヘミングウェイも。
ヘミングウェイはここでロストジェネレーションの記念碑的作品「日はまた昇る」を執筆しました。
彼らの作品を読みながら、ワインを飲むなんて最高です(入ったことないですけど・・)。

また、ここは単に文学遺産だけではなく、現役の作家も愛用しています。
フィリップ・ソルレスは「第2のオフィス」としてこのカフェに出没するとか。
(第1のオフィスはガリマール本社内)
少々高いメニュー構成らしいですが、一度は行ってみたい憧れのカフェです。

クロズリー・デ・リラ(Closerie des Lilas)
モンパルナス大通り沿い。最寄メトロはポール・ロワイヤル(Port-Royal)

→その他のパリの写真
[PR]
by kou-mikami | 2009-05-18 14:07 | パリの作家・芸術家
オスカー・ワイルドが生涯を閉じたホテル
セーヌ河の近くに「ボザール通り」という通りがあります。
パリの有名な国立美術学校「エコール・デ・ボザール」の目の前にある小さな通りです。

その一角に超高級ホテル「L'Hotel(ロテル)」があります。
ここは1900年にアイルランドの作家オスカー・ワイルドが生涯を閉じたホテルです。
ダブリンで生まれたワイルドは、数々の詩集や劇作を発表し有名になりましたが、
同性愛が原因で刑務所に入れられてしまいます。
出所後はフランスに渡り作家生活を続けるも、
貧困のうちにこのホテルで生涯を閉じることになります。

部屋数は全20室。外から見るだけで歴史の重みに沈み込むかのような重厚感があります。
今でも有名人たちが作家の滞在していた部屋を予約するのに必死になってるとか。

e0141635_1945493.jpg


→その他のパリの写真
[PR]
by kou-mikami | 2009-04-11 19:56 | パリの作家・芸術家



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧