「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ミラボー橋とエッフェル塔の関係(パリの橋)
パリの西に目を引く緑色の橋があります。
名前は「ミラボー橋」。
観光地のある中心部からはかなり離れていますので
なかなかここまで来られる旅行者は少ないと思うのですが、
実は文学史上では有名な橋なのです。

e0141635_1983435.jpg


見た目はただの鉄骨の橋。周囲も近代的なビルが多い・・
でもベルエポックの詩人ギョーム・アポリネールが歌った「ミラボー橋」で有名になりました。

「ミラボー橋の下にセーヌは流れる。そして僕たちの恋も
(Sous le pont Mirabeau coule la Seine, Et nos amours)」(以下略)

という彼の詩句が橋に刻まれています。
この詩は、アポリネールが恋人マリー・ローランサンとの愛をうたった詩です。

e0141635_19103480.jpg


      夜のミラボー橋。4体の女神の像が橋を支えています。


2人は当時ミラボー橋を隔てて15区と16区に住んでいました。
出会いはピカソのアトリエだったモンマルトルの「洗濯船」。
キュビズムの作家ジョルジュ・ブラックを通して知り合いましたが、
あることがきっかけで6年後に破局してしまいます。
トリュフォーの映画「突然炎のごとく(Jules et Jim)」に出てくる
女神のような女性カトリーヌは、マリー・ローランサンがモデルとも言われています。
(他にも諸説あり・・真相は不明です)

そもそもイタリア出身でポーランド人のアポリネール。
彼は何故パリへやってきたのでしょうか。

実は1900年の万博を見るためでした。
当時彼はまだ19歳。まさに上京といった感じでしょうか。
完成したばかりのエッフェル塔を見た彼は、それを新しい美学だと感じました。
アポリネールは、批判にさらされたエッフェル塔を美しいと感じた数少ない人間の一人でもありました。

e0141635_19225467.jpg

      ミラボー橋からエッフェル塔を臨む

ちなみにミラボー橋とエッフェル塔はほぼ同時期に造られたもので、
どちらも当時では珍しい鉄建築でした。

アポリネールに愛されたエッフェル塔とミラボー橋。
今でも2つの鉄骨芸術は健在なのです。

その他のパリの写真
[PR]
by kou-mikami | 2010-02-21 19:31 | パリの街角
オルエットの方へ
パリとはあまり関係ないんですが、
とても面白いフランス映画を観たのでご紹介したいと思います。

「オルエットの方へ」(Du Cote d'Orouet)というフランス映画を観てきました。監督はヌーヴェル・ヴァーグの最年長ジャック・ロジエ(エリック・ロメール亡き今は、彼が最も最年長の監督といえるでしょう)。この映画は今まで日本で一度も上映されておらず、今回限りの上映になりそうなので、いてもたってもいられなくなり観に行きました。彼の映画はフランス人のバカンスを描いたものが多いのですが、この映画もまさにフランス人のバカンスそのものが物語となっています。

パリで働くOL3人が海辺の別荘にバカンスに行くだけの話なんですが、フランス映画でここまで笑ったのは初めてです。どうでもいいことに真剣になって笑い続ける3人、そのうちの1人が好きでバカンス地まで追いかけてきた会社の冴えない上司(この俳優がいい味を出している)。3人が冴えない上司をないがしろにするシーンが延々と続きます。映像がいきなり途切れて日付が入るのも、ヌーヴェル・ヴァーグならでは(エリック・ロメールの「夏物語」を思い出します)。

カメラがあるとは思えないあまりにリアルなバカンス風景がこれでもかというぐらいスクリーンに流れ続けます。なんというか度を過ぎるほどにリアルな映像とOL3人の無邪気さにただ笑うしかないのです。極めつけはオルエット。題名となっているオルエットは彼女たちがいったバカンス地の近くにある農場の地名。なぜかオルエットの発音をめぐって3人が大爆笑し、「オォォルゥゥエット」と叫び続けます。そして「オルエット・カジノ」という垢抜けない看板の先にあったカジノの正体にまた大笑い。この映画は何が起きても笑ってしまう正真正銘の幸せなバカンス映画。そして、この映画を見ることで日本人がいかに人生の楽しみを損失しているかが分かってしまうところが悲しい。やはりフランスのバカンスは人生の喜びそのものなんだなぁ。60年代のパリのオフィス風景も見所です。
[PR]
by kou-mikami | 2010-02-15 00:42 | パリの映画
今どこにいる?(すぐに分かるパリの番地)
この前、映画を見ていてこんな場面があった。

女「今どこにいるの?」
男「カフェだよ」
女「どこの?」
(男、マスターに住所を聞く)
男「マニュエル通りの5番地」

なんというスマートな住所表記なのだろうと今更ながらに感心してしまった。
パリの住所は本当に短い!
というのも、パリの通りはどんなに小さな通りにも全て名前がついているから。
(ちなみに長さが6メートルもないパリ一短い通りはrue des degresという名前)

e0141635_1633675.jpg

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通り24番地

だから「~通りの何番地」と言うだけで
どんな場所でも伝えることができてしまう。
フランス映画にはこんな場面がよく出てくる。
それだけ気軽に人に会いに行けるところが
「出会いの街」であるパリらしさなのかもしれない。

ただ住居の場合だと、アパルトマンに住んでいる人がほとんどなので
「~通り何番地の何階」と言う必要があるけれど。
(そしてドアの暗証番号も必要になってくる・・)

その他のパリの写真
[PR]
by kou-mikami | 2010-02-11 16:06 | パリの街角



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧