<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
読書ができるパリのワインバー
夜が過ごしやすい季節になりましたね。
秋の夜長に家で読書をする方も多いのではないでしょうか。

そんな方におススメのパリスポットがLa Belle Hortense(ラ・ベル・オルテンス)。
シックなマレ地区(パリ3区)にある小さなバーなのですが、
ここは読書のできるユニークなバーなんです。

e0141635_71835.jpg

ワインが飲める読書バー「ラ・ベル・オルテンス」

最寄駅はメトロのサン・ポール駅。駅から目の前のリヴォリ通りをパリ市庁舎方面へ歩き、
ヴィエイユ・ドュ・タンプル通りを右に曲がったところにあります。
ポンピドゥーセンターからも近いですよ。

鮮やかな青色で塗られた一見ブティック風のお店に入ると、中は居心地のよさそうなバー。
ここは書店・バー・ギャラリーが一緒になった芸術の都パリらしいお店。
店内では、お店自慢の上質な赤ワインを飲みながらゆっくりと好きな本を読むことができます。
入口手前は普通のバーカウンターになっていますが、奥に入るとプライベートな雰囲気の書斎があります。中へ入ってみましょう。

e0141635_7204125.jpg

読書バーの中にある書斎。赤ワインを飲みながらゆっくりと読書ができる。

静かな店内には読書を本気で楽しむパリジャンがいたりして、インテリ層の多いパリを身近に感じることもできます。
ワインを選んだあとは、書斎の本棚からゆっくりと本を選ぶ。
書店ともカフェとも違った不思議な空間で読むと、なんだか気持ちもリフレッシュできます!

e0141635_7244231.jpg

文学から絵本まで、さまざまなジャンルの本が綺麗に並べられた本棚

フランス語が苦手という人でも、可愛らしいフランスの絵本やパリの写真集もあるのでご安心を。
どんな人でも気軽に楽しめます。本棚のラインナップにもさりげないセンスが光っています。
もちろん自分で持ってきた本を読んでもOKです。

e0141635_7284454.jpg

書棚から本をピックアップ

パリの秋は文学で盛り上がります。
というのも11月にゴンクール賞とメディシス賞というフランス屈指の文学賞の審査発表が
行われるからです。
フランス人は本当に読書好きで、カフェでもよく本を読んでいます。
この読書バーができたのも自然の成り行きかもしれません。

運ばれてきたワインを飲みながらつかの間の本たちとゆっくりと過ごすひと時はいつもと違った
上質な時間。
パリの長い夜、こんな過ごし方もいいかもしれません。

文学バー・書店・ギャラリー"La Belle Hortense"
住所:31 rue Vieille du Tempre, 75004 Paris
最寄メトロ:サン・ポール駅(St-Paul)

その他のパリ写真へ
[PR]
by kou-mikami | 2010-10-10 07:53 | パリのお店
猫を求めてパリのヴィラを散策 sanpo
パリでは猫をほとんど見かけない。
猫の隠れる隙間も無いほど、アパルトマンがひしめきあっているせいだろうか。

パリに住んでいたとき
アパルトマンの階段で猫にすれちがったことがあるが、
パリで猫を飼う人は皆家の中だけで飼っているようだ。

しかしパリの中心部から離れれば、外で猫に出会うことができる。
パリ北東部の19区にパリでは珍しいヴィラ(庭付き一軒家)が立ち並ぶ閑静な地区がある。
そこは大都会パリで猫と出会える貴重な空間だ。

最寄のメトロはBotzarisかPlade des Fetes。
それでは一緒に猫の散策に出かけてみましょう。

e0141635_8362071.jpg

ヴィラ(一軒家)の立ち並ぶ19区の閑静な通り

この辺りは緩やかな坂道になっていて、小さなヴィラ通りが阿弥陀のように並ぶ。
どの家にも庭があるため、飼い主が放し飼いしているので猫が外を歩いている。

e0141635_8401288.jpg

とある家の表札には可愛らしい猫のイラストが

このヴィラ通り界隈では、ふとした瞬間に猫と出会える。
今まで何回か訪れてシャッターチャンスに恵まれなかったが
今回ようやく出会うことができた。

e0141635_8432177.jpg

カラフルな青い柵の中を家路へと急ぐ猫

e0141635_8443814.jpg

ただいま

e0141635_8451940.jpg

次に出会った猫は、石畳の上でひなたぼっこ

e0141635_846988.jpg

猫だけに分かる、空気の中に漂う夏の香り

e0141635_847428.jpg

さらに通りを歩く。どの家も美しい緑で溢れ、まるで田舎のよう

e0141635_8501652.jpg

ふと声にならない視線を感じて振り向いたら、また猫が・・・

e0141635_8514052.jpg

田舎の風景を求めてヴィラ通りを見に来るフランス人も多い

e0141635_8531513.jpg

猫とすれ違う。どこへ何をしに行くんだろう

e0141635_8544645.jpg

通りの一つヴィラ・ドヌーブ通り

e0141635_8562454.jpg

平日の静かな昼下がりには人もいない

e0141635_85738100.jpg

学校帰りの学生

e0141635_8583986.jpg

印象派の画家の名前がつけられたヴィラ・クロード・モネへ

e0141635_8594048.jpg

振り向き猫。この辺りを歩くのは人より猫のほうが多いようだ

e0141635_9126100.jpg

小さな通りがいくつもある。袋小路もあれば次のヴィラ通りへつながる道もある

e0141635_964091.jpg

しばらくしてまた同じ通りに来てみると、今度は違う猫が

e0141635_972626.jpg

こんなに自由に寝転がれるのもヴィラ通りならではの魅力

最後のヴィラ通りだったヴィラ・クロード・モネをさらに歩いていく。
すでに10以上のヴィラ通りを歩いてきた。
猫のいる通りもあれば猫のいない通りもある。
しかし共通しているのは、どこも小さな石畳の通りで緑が多いこと。

e0141635_9133077.jpg

ヴィラ・クロード・モネの終点に魅力的な階段があった。

さらに歩くとヴィラを抜けて普通の一般道路に出る。
ダビドゥ・ダンジェ通りを右に行ってメトロDanubeへ。

19区のこの辺りは特に何かがあるわけではないエリア。
でも小さな出会いに心躍れる、そんなヴィラ散策でした。
[PR]
by kou-mikami | 2010-10-02 09:54 | パリの動物



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧