<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
19世紀パリの不思議建築:ロトンド・ド・ラ・ヴィレット
今回はパリに残る19世紀の不思議な建築と最新の人気スポットをご紹介します。

映画『アメリ』で有名なサン・マルタン運河の終点はパリのスターリングラード駅。
ここはヴィレット貯水池の始まりの場所でもあります。

その貯水池の前に不思議な円形の建物があります。
これはロトンド・ド・ラ・ヴィレット(Rotonde de la Villette)と呼ばれるもので、
フランス革命直前の18世紀末に建てられた入市税の関所です。

e0141635_125573.jpg

19世紀の歴史的建造物ロトンド・ド・ラ・ヴィレット

当時ここには城壁があり、文字通りパリの外れでした。
パリにやってくる商人や農民たちから税をとるためにこの建物が建てられ、
1784年から1788年まで使われました。
今では城壁はなくなり、この円形の建物だけが残っています。

e0141635_12561564.jpg

ロトンド・ド・ラ・ヴィレットは「幻視の建築家」と呼ばれるフランス革命期の建築家クロード・ニコラ・ルドゥーによって作られました。
なんだかパリとは思えない不思議な建物ですね。

e0141635_12564648.jpg

スターリングラード駅周辺の街並み。少し怪しげな雰囲気・・・
でも治安は悪くありませんのでご安心を

e0141635_12572949.jpg

ロトンド・ド・ラ・ヴィレットの目の前には大きな噴水があり、その先にはヴィレット貯水池が広がります。
次にすぐ近くの映画館に行ってみましょう。

e0141635_12581250.jpg

ロトンド・ド・ラ・ヴィレットのすぐ前にパリの大型映画館MK2があります。
MK2はパリに複数あるチェーン系映画館。
池の目の前にある珍しいロケーションの映画館ですね。
船も行き交い、水辺の遊べるスポットとして若者に大人気。
夜はイルミネーションがきれいです。

e0141635_12585145.jpg

向かい側にはカフェもあり、貯水池を見ながら時間を過ごせていい雰囲気です。

e0141635_12595166.jpg

水辺の映画館とカフェが楽しめるヴィレットは人気スポット。
歴史的遺産と新スポットが組み合わさった新しいパリの観光地です。

アクセスはメトロ2・7・5番線のスターリングラード駅が一番便利。
サン・マルタン運河散策のついでに立ち寄るのもいいかもしれません。
そこからさらに北へヴィレット貯水池が流れ、その先には最先端のヴィレット公園があります。
野外映画祭も開かれる解放感あふれる公園で、こちらもおススメです。

⇒その他のパリの観光はこちら
[PR]
by kou-mikami | 2011-02-27 13:11 | パリの街角
サン・ルイ島散策:ボードレールが『悪の華』を書いた館
セーヌ河に浮かぶサン・ルイ島は、
高級住宅地として知られる静かなエリア。

美味しいアイスのお店で有名ですが、
観光地と言うよりは河岸をゆっくり散歩するのに最高の場所です。

そんなサン・ルイ島の河岸の通り沿いに立つ、とある館をご案内します。
フランス近代史の父といわれるボードレールが青春時代を過ごし、
あの『悪の華』の大半を書いた館です。では散策開始!

e0141635_22555563.jpg

サン・ルイ島に入り、北河岸を走るアンジュー河岸(Quai d'Anjou)を歩きます。
天気がよくて散策にはもってこい!対岸に見えるのはマレ地区です。
(サン・ルイ島へはシテ島からサン・ルイ橋を渡って行くことができます)

e0141635_22582762.jpg

少し歩くと、豪華なバルコニーのついた建物が見えてきます(写真・左部分)。
ここが「ホテル・ピモダン」(Hotel Pimodan)という館。
ここは19世紀に文学者テオフィル・ゴーティエの『ハシシュ・クラブ』となり、ボードレールはそのクラブに出入りしていました。

e0141635_2259364.jpg

重厚そうな扉です。
現在オテル・ピモダンはローザン館(Hotel de Lauzun)に
名前が変わっていますが、建物はそのまま残っているんですね。
現在はパリ市の迎賓館として利用されています。

ボードレールは『パリの憂鬱』や『悪の華』で知られるフランスの詩人。
生前に発表した唯一の詩集『悪の華』で知られるようになりました。
20歳になったばかりのボードレールは亡父の遺産を分け与えられたあと、
転居を繰り返してようやくサン・ルイ島のオテル・ピモダンに
居を構えました。

1843年から1845年の約2年間、彼はこの館で青春時代を過ごし、
『悪の華』に収める詩の大半を書き上げました。
ボードレールはこの時期に、ヴィクトル・ユーゴーやテオフィル・ゴーティエ、
サント・ブーヴと知り合っています。

e0141635_2301969.jpg

この館は1657年に建造というから、その古さにおいても見る価値ありです。
有名な建築家ル・ヴォーが設計しました。
サン・ルイ島の散策のついでに訪れてみてはかがでしょうか。
[PR]
by kou-mikami | 2011-02-12 23:09 | パリの作家・芸術家



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧