タグ:フランス文学 ( 4 ) タグの人気記事
ミシェル・ウエルベック『服従』
ミシェル・ウエルベックの『服従』を読んだ。
イスラーム同胞党というムスリムの政権が実権を握った近未来のフランスが舞台。
主人公はソルボンヌ大学で教鞭をとる中年教授で、19世紀のデカダンス作家ユイスマンスを専門としている。
文学に精通しながら孤独な性生活を送る彼が最終的にイスラム教に改宗するまでを描いた物語である。

e0141635_8302340.jpg


フランス国内でキリスト教の人口よりイスラム教が増えるという大きな出来事を契機に価値観が根底から崩される日常が淡々と描かれ、見えない透明な影が迫ってくるようで怖い。
現代政治を背景にしながらも、描かれるのは個人の内省的な世界。文学教授ならではの作家愛や、過去と未来に関する考察、宇宙の成り立ちなど知的な会話が満載のフランスインテリの世界が繰り広げられる。

日常の中に入り込んでくるイスラム教によって、彼の世界観は徐々に変えられていく。
そしてもはやキリスト教では自分の孤独は救われないことに気づく。
ムスリムの教授たちと交わされる会話の中で、宇宙に関する考察が出てくるのが興味深い。

わたしが言いたかったのは、宇宙は確実に、インテリジェンス・デザインの徴を帯びているということで、それは巨大な知性によって考えられたプロジェクトの実現なのです。

だいたい、どこにでもある星雲の広げた腕の先にある、無名の惑星の上に住むこの虚弱な生きものが、小さな手を挙げて『神は存在しない』などと主張するなど、少しばかり馬鹿げているところがあるのではないでしょうか。(ミシェル・ウエルベック『服従』)


宇宙は神が作ったものであり、知的で合理的なデザインによるものだということ。
そこに服従することで幸福が得られるというものだ。
人間が世界の中心ではなく、宇宙というデザインのほんの一部に過ぎないということだろうか。
そう考えると、イスラム教は非常に科学的な宗教のような気がしてくる。

ミシェル・ウエルベックの『服従』は、テロリストによるシャルリー・エブド社襲撃事件の当日に出版されたことで話題になり、また「イスラム教とフランス」という内容の現代性からフランス国内で大きな議論の的となった。日本でもメディアで取り上げられたが、思ったほど過激な内容ではなかったように思える。イスラム政権となった近未来フランス社会はたしかに刺激的な舞台だが、主人公の周りにあるのは恐ろしいほど静かな世界だ。それは一人の中年男の孤独な愛の物語であり、イスラム教という新しい愛の形を受け入れる時間である。
[PR]
by kou-mikami | 2015-12-11 08:15 | パリの小説
悲劇的な友情 アンヌ=ソフィ・ブラスム『深く息を吸って』
人は過ちを犯した時、それを告白することで楽になりたいと思う。

アンヌ=ソフィ・ブラスムの『深く息を吸って』を読んだ。
裏表紙に書かれた「第2のサガン」というキャッチコピーに惹かれて
手に取った小説だが、これはまさに孤独なパリジェンヌの
告白の書というべきものだった。

e0141635_7505550.jpg


作者のアンヌ=ソフィ・ブラスムは1984年生まれ。
フランス東部の町メッツに住み、17歳の時にこの小説でデビュー。
フランスで出版されベストセラーになったそうだ。

10代特有の純粋さと透明感を見事に描いていて、
それゆえの孤独で狂気的な世界が、自分の過去の痛みと伴って
強い共感を持つ作品だった。


【ストーリー】
19歳の少女シャルレーヌは殺人の罪で刑務所に入っている。
彼女は苦しみを吐きだすように、人を殺すに至った経緯を読者に語っていく。
まだ記憶の不確かな幼年時代から、小学生、コレージュ、リセでの
孤独な生活、初めての恋、そして殺人を犯した日の夜の闇まで。

「わたしの幼年時代はほかの子とは違っていた。浮かれ騒ぐこの世の中で、
わたしは自分だけの独自の世界しか感じ取れずにいたのだ。
おそらくこんなふうに孤独を必要としていたことや、他人に理解されずにいたことが、あるときはじめてわたしを"書く"ということにつき動かしたのだろう。」

前半はどこにでもいる内気な少女の回想録といった感じで、さほど意外性はなかった。
しかし主人公がコレージュ(中学校)でサラという女性に出会ったことで、
物語は徐々に狂気的な闇に支配されていく。
生涯の親友だと思っていたサラとのあまりに美しい思い出が綴られるが、
サラは友人のふりをしてシャルレーヌを利用していただけだった。
しかしシャルレーヌはサラの友情を盲目に信じて彼女を慕い続ける。
そして彼女の中でそれは次第に憎しみと狂気に変わっていく。

「普通の人のようにふるまおうと努力しても、自分自身の狂気からは逃げられない。
だって、狂気は何よりも強いのだから。
だから遅かれ早かれふたたび顔を出してくる。お手上げだった。
狂気を鎮めるには、真正面から向きあい、
その命令をひとつひとつ実行していくしかなかった。
結果がどうであろうと、それは問題ではなくて、
実行に移すことで、ようやく狂気から解放されるのだった」

彼女にとって殺人は実行しなければならない問題だった。
彼女の中に狂気が少しずつ生まれていく過程が緻密に描かれ、
彼女の恐ろしい計画を誰も止めることはできない。
それでも彼女の行動を何度も食い止めたいと思うほど
彼女の心の悲しみが自分のことのように伝わってくる。
10代ゆえの残酷な友人関係が起こした悲劇だが、
これは誰の心の中にもある普遍的なものなのかもしれない。


【書くことの意義】

主人公シャルレーヌの孤独で繊細な感覚がよく伝わるエピソードがある。
彼女は8歳の時に親からノートを買ってもらう。
そして彼女は今までの孤独を癒すかのように、自分の世界を
そのノートに書き込んでいく。

「書くということは喜び以上のものであり、単に必要だという以上の意味があった。そして現在もなお、わたしの真実であり、明白な現実に対する、私にとっての唯一の防衛手段なのだ。」

これはおそらく、作者アンヌ=ソフィ・ブラスムが小説家になることを決めた
理由でもあるのかもしれない。
彼女はインタビューでも主人公の一部は自分に似ていると語っている。

「Respireは自伝ではないけれど、サラとの悲劇的な友情を語るシャルレーヌと私は
どこか似たところがある」


【狂気に勝つことはできない】

『深く息を吸って』はパリに住む孤独な少女の物語。
彼女が歩む孤独の世界はつらすぎるものだけど、
初めて人を愛することの素晴らしさを知った彼女の喜びにはこちらも胸が熱くなる。

しかし彼女は自分の中にある狂気に打ち勝つことはできず、
幸せを全て捨てて恐ろしいラストへと突き進んでしまう。
しかし彼女にとってはそれがやらなければならない「正しい道」だった。
世間的に悪を働いても、彼女の世界の論理で言えば「私は勝った」となる。
それが自分の人生にとって幸せではない道だとしても。

彼女は独房を出た後、どんな人生を歩むのだろうか。
これはあまりに純粋な世界を描いた悲劇的な友情の物語だ。


アンヌ=ソフィ・ブラスム『深く息を吸って』
"Respire"(2001)
Anne-Sophie Brasme
[PR]
by kou-mikami | 2014-04-12 07:58 | パリの小説
エリック・ファーユ『長崎』
フランスの作家エリック・ファーユの『長崎』を読みました。
2010年にアカデミー・フランセーズ賞を受賞した小説の邦訳です。

数年前に日仏学院で彼の講演を聴いて以来ずっと気になっていたのですが、
その邦訳が2013年の秋に出版。ようやく読むことができました。
長崎に住む独り暮らしの男に起きた不思議な事件に関する物語。
平凡な日本人を主人公にした今までにないフランス小説です。
久しぶりに新しい世界を堪能しました。

e0141635_2323225.jpg


【ストーリー】

長崎市にある気象台で働く独身の中年男性シムラは
市のはずれにある一軒家で真面目で規則正しい生活をしている。
毎日同じ電車に乗って職場に行き、観測所のデータを解析する。
仕事が終われば同僚と飲むこともせずに帰宅する日々。
しかしある日、冷蔵庫のジュースが微妙に減っていることに気づき、
不審に思った彼は部屋に監視カメラを取り付ける。
そこに写っていたのは一人の見知らぬ女性だった。


【日常の中にふと開く穴をリアルに描く】

もし昼間は誰もいないはずの自分の家に、誰がいたら。
部屋にとりつけたカメラに、誰かが部屋の中を動くのが映っていたら。
あなたはどう感じるでしょうか。
恐怖、不審、不安。おそらく最初はそのような感情を持つでしょう。
しかし、しばらくするともしかしたら、そこに
もう一つの人生を見るかもしれません。

実際に合った新聞の三面記事に着想を得たこの物語は、
元ジャーナリストであった著者エリック・ファーユならではの
簡易でリアリティのある描写で読者を不思議な日常世界へと引き込みます。
そして小説全体がフランス文学ならではの深い暗喩に満ちています。
日常に空いた穴から人生の本質を探る静かな物語。


【フランス人から見たミニマルな日本社会を描写】

また小説の脇を固める設定も面白い。舞台はなぜか日本の長崎。
気象台で働く中年の独身男性が主人公というのがいいですね。
文章も読みやすく、フランス人から見た日本の生活も面白い。
日本のコミカルな部分やミニマルな日常風景が描かれる。
カウンターしかないトリスバーや炊飯器や弁当などの小道具を出すあたりに
著者の日本への愛着が感じられます(著者は日本映画をかなり観ているようです)
日本好きなフランス語圏の作家では他にアメリー・ノトンがいます。

フランスでアカデミー・フランセーズ賞をとった『長崎』。
フランス人から見るとエキゾチックな舞台設定なのでしょうか。
しかし単に異国情緒だけではない、ミニマルで深い世界が描かれています。


【平凡な男の人生をミステリー仕立てで人間の本質に迫る】

小説『長崎』はミステリー仕立てでありながら、
決して解決のできない人生の空虚さが描かれています。

主人公シムラは一軒家に独りで住みながら、変化のない生活を好んでいます。
しかしそこに女が現れることによって、彼は生活を脅かされれます。
しかしそのせいで自分の生活を省みるようになります。

彼女が自分の家に侵入したことに憤りと不審を抱きながらも
彼は彼女の痕跡が部屋のどこかに細胞レベルで残っているのだと思い、
そこに何かを感じ取ろうとするのです。

「女は炊飯器の上に指紋だけでなく、きっと死んだ細胞をも
残していったに違いない。(中略)その物理的特性はわたしたちにはまだよくわかっていないが、クォークや陽子はあらゆるものの鍵を持っているのだ。」

そして、平凡で孤独だった自分の人生に起きたこの事件について
深く考えるようになります。

「わたしの家で起こったことを、ある日、どうしても理解しようと望むなら、
おそらく今日からでも化石のような細胞を拾い集め、それらを研究しなければならないだろう。」

人間はいつでも一人きりの世界で生きているように思ってしまう。
それが人が孤独を感じる理由だろう。
しかし、あるときそうではないことにふと気付く瞬間がくる。
今自分のいる場所には多くの人の痕跡が残っているはずであり、
それは誰に伝わることなく漂い続けているのかもしれない。
そしてその痕跡を見つけることで、
自分自身も知らないうちにその場所に痕跡を残し、
変化していっているという事実を知る。

「その年はわたしを変化させつつあるということ、
そしてすでにしてわたしがもはや完全に同じ人間ではなかったということを
わたしは理解していた。
いかなる点での変化であったのか、それを定義することができなかっただろう。
しかし、その変化からまったくの無傷のままで出てくることはできないだろう。」


【もう一人の主人公】

この小説のもう一人の主人公は、彼の家に侵入した女です。

家を失った失業者の女がさまよう人生は、
平和でも意味のある人生でもなく、本当のあからさまな意味のない人生として
読者の前に提示されます。
それはいつかは過去となって消えていく人間の生活であり、
人生に意味などないという悲しみです。

「わたしに確信の持てたことがひとつあるとすれば、それはこれです。意味は存在しない、つまり、意味は前もって存在していなかったということです。意味の観念は、自分の不安に軟膏を塗ろうとして人間がでっちあげたものです。」

しかし主人公の男の家に侵入したことによって
彼女はかつての自分を思いだし、一時的に人生を取り戻します。
それは子供時代の自分の痕跡であり、
再び生まれた場所に戻ってきた鮭のような生物的な円環でした。


【タイトルの「長崎」の意味】

小説のタイトルは『長崎』。もちろん日本の長崎を舞台にしているからですが、
そこにはそれ以上の意味が込められているように思えます。

小説の中で長崎は「外部からの侵入者を受け入れる場所」という意味で
使われています。

自分の家を日本列島にたとえ、家の一番奥にある部屋の押し入れを長崎の出島に
たとえる比喩はなかなか面白いです。
オランダ人という外部の異人が知らないうちにやってきたように、
彼の家に闖入した女も、知らないうちに彼の人生に現れた。
それは恐れや不安であり、新しい世界の始まりでもあったはずです。

「そして江戸幕府は、その二世紀半もの間、ヨーロッパというひとりの密航者が
その衣裳部屋に棲みついたことを、いわば知らないふりをしていた・・・。」


【人間それぞれの帰る場所】

私はこの小説を読んで、自分にはどこかに帰る場所があるのだろうかと思った。
たとえば昔住んでいた家がもう誰かのものになっていたり、壊されてなくなっていたら
もう戻ることはできない。
それでも、いつかそこへ行きたいと思った。

「わたしは、だれでも自分の過去の記念の地に好きな時に戻ってくることができるという不可侵の権利があることを、世界中のすべての憲法に書き込むべきだと思います。
そしてひとりひとりに、その子ども時代が演じられたすべてのアパートや家や庭に近づくことを可能とする鍵束を預け、そうした思い出の冬の宮殿に何時間も留まることを許可しなければなりません。」

『長崎』は人生の居場所を探し求める物語だ。

エリック・ファーユ『長崎』
Eric Faye, Nagasaki(2010)

[PR]
by kou-mikami | 2014-03-12 23:04 | パリの作家・芸術家
アメリー・ノートン『チューブな形而上学』
ベルギーの作家アメリー・ノートンの小説『チューブな形而上学』を読みました。
生まれから3歳までの記憶を元にした驚くべき物語(自伝)です。

e0141635_9165965.jpg


デビュー作『殺人者の健康法』を読んで以来、
彼女の作品の独創的な世界観に毎回魅せられてきました。
あまりにミニマルで深い世界を独自の理論で掘り下げて真理へと導く彼女の作風は
ヨーロッパで最も人気のある作家と言われ、新作が出るたびに注目されています。
外交官を父に持つアメリーは、5歳まで日本で暮らしていたそうで、
日本への強い想いが描かれた小説が多いのが特徴です。
日本企業を舞台にした『畏れ慄いて』は映画にもなりました。

今回の『チューブな形而上学』も日本が舞台です。
場所は彼女が幼少時代を過ごした大阪の夙川。
自分がこの世に生まれてから3歳までの自伝という形をとった信じられない小説です。
ほとんどの人間が記憶の外にあるはずの3歳児までの世界を
彼女はなんとも哲学的に語っています。
どこまでが本当のことなのか分からないほど、物語は理論的であり驚異的です。

「はじめに無があった」という書き出しで始まりますが、
これは新約聖書の書き出し「はじめに言葉があった」と掛けています。
おそらく世界の始まり、宇宙の始まりを意味するのでしょう。
たまに子どもとは宇宙からやってきた生命なのではないかと感じることがありますが
もしかしたら本当に一つの新しい宇宙が体内に潜んでいるのかもしれません。
生まれたばかりの頃、主人公は自分のことを「神」だと信じ、「無」であることに満足していました。

「神は完璧なる充足であった―
何も欲さず、何も期待せず、何も知覚せず、何も拒絶せず、何に対しても興味がなかった。」

つまり彼女は存在するだけの存在で、周りの世界には全く無関心だったのです。
泣き声もあげなければ手足を動かすこともせず、周りの世界を見ることもない。
ただ体内に栄養を摂取し、排せつするだけの生き物。
タイトルにある「チューブ」とはそんな「入れて出すだけの状態」からきています。
これは通常の人間の子供ではありえない異例のケースです。

何に対しても反応せず動くことさえしない主人公を両親は心配し、医者に見せますが解決はしません。
人間としての特徴を持たない主人公に対して、両親は彼女を「プラント(植物)」と呼びます。この辺りはアメリー・ノートン独特のブラックなセンスです。

彼女は人生の約2年間をこのような無として過ごします。
そして生まれてから2年半が経ったある日、
ベルギーからやってきた祖母がくれたベルギー産のホワイトチョコレートを食べることによって、世界は素晴らしい知覚に満ちていることを初めて知ります。
具体的なお菓子が、彼女を人間の世界に連れて行ったという事実が面白いです。

「喜びというのは素晴らしいものだわ。だってわたしが『わたし』だってことを教えてくれたんだもの」

彼女はホワイトチョコレートの甘みによって自分を獲得したのです。
この視点については、人間の存在について深く考えさせてくれます。
自分とは何か。それはおそらく今この場所で知覚している状態そのものなのでしょう。
世界に対して寒いと感じたり暑いと感じたり美味しいと感じることこそ
自分の存在を教えてくれるもっとも確かな証拠です。
美味しさを発見することは自分を発見すること。
それほどまでに味覚とは大事なものなのだと改めて実感させてくれるエピソードです。

2歳半にしてようやく人間となった主人公はその後
ベルギー人の両親、兄と姉、優しい日本人家政婦のニシオさんに囲まれながら
様々な興味をもって周りの世界を知って行きます。
この辺りから家族の日常生活がユーモアをもって描かれ、
コメディ的な要素が詰まったエピソードがいくつも挟まれます。
特にベルギー人の父親が仕事の合間に「能」を習い始めた下りは非常に面白いです。
ベルギー人から見た日本文化という視点でもこの本は非常によくできています。

主人公は通常の子供と同じ、いやそれ以上に世界に関心を持ち成長していきます。
外交官という父の仕事に興味と疑いを持ち、海水浴場で死への恐怖を体験し、
鯉という口を開けて餌を待つ魚の醜さを嫌悪し、本を読んで言葉の持つ力に感動します。

「本の中で『猫』という単語を見たら、
それは私の知っている近所の美しい目をした猫とは違う猫のことだ。
けれども本の中のその単語は、わたしに近所の猫が見せてくれた眼差しを思い起こさせ、
その猫に見つめられた時のような喜びを与えてくれる。」

しかし3歳になったある日、世界は大きく変化します。
大好きだった家政婦のシニオさんが辞めると言い出した時、
世界はいつか壊れることを初めて知ります。
そして、いつか日本を離れなければならない事実も知ってしまいます。

「与えられたものは奪われてしまう。ある日、ある時、何の理由もなしに、
恐ろしく厚かましい力があなたの人生を襲うのだ。」

3歳にして人生の空しさを感じた主人公の思考能力に驚きます。
美しい季節は二度と戻らぬことに悲観し(まだ四季が巡ることを知らない時期です)、
池で餌を待つ鯉の口に人間自身への不快感を感じとります。
結局人間は何かを呑み込んでは空になるチューブのような存在でしかないことに空しさを覚えます。
そしてある恐ろしい事件が起こります。

この物語で展開される彼女の思考は、3歳児にしてはあまりに高度で繊細すぎる気もします。
しかしもしかしたら自分が覚えていないだけで、
3歳までの人間は通常とは異なる鋭敏な感覚を持っていたのかもしれません。

「三歳という年齢では、あなたはまるで火星人だ。初めて降りた地球で発見したものに魅了され、同時に恐れを抱く。前代未聞の不透明な現象を観察するが、そのどれもが理解できない。
あなたは自分自身の観察の結果に基づいて、自分だけの法律を創案しなければならない。」

生まれてから3歳までの記憶を元にした物語。かつてこんな小説はありませんでした。
今までにない新しい世界を作り出すことが小説の役目だとしたら、
彼女の小説は完全な成功を収めたと言っていいでしょう。

まだ記憶の外にある存在だった自分を掘り起こすような体験をしたい方には
おすすめの小説です。
[PR]
by kou-mikami | 2013-08-24 09:21 | パリの作家・芸術家



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧