タグ:フランソワ・トリュフォー ( 1 ) タグの人気記事
フランソワ・トリュフォー『華氏451』
久しぶりに『華氏451』を観ました。
SF映画が好きで、よく見ていますが、
中でもフランソワ・トリュフォーのこの作品は
映像がSF的でないために、余計に心に残る不思議な作品です。
レイ・ブラッドベリの小説『華氏451度』が原作になっています。

e0141635_153595.jpg


【この映画の背景】
本を読むことが禁止された近未来社会。
書物は発見され次第、消防士たちによって焼却処分されます。
有無を言わせないその作業は冷酷でありシステマティックです。
本来火を消すはずの消防士が、未来では本を焼く仕事に変わっている点が
ユニークで面白いです。
何故本が禁止されるのかという理由も興味深く、
それは真実ではない人間の物語は人を不幸にするため。
では小説以外の書物はよいのかというとそういうわけではないらしく、
哲学書や思想書はさらに危険な思考を人に植え付けるため
本という本は全て焼却処分の対象になっています。

本のない近未来の日常生活は味気ないものとして描かれています。
ただ大きなスクリーンでエクササイズらしき映像や政府発信のニュースを
眺めて一日を過ごしています。また頭を使う暇を与えないと考えられる
スポーツも奨励されているようです。
考えないことは幸せなことだという政府のスローガンが
国民のほとんどに浸透した全体主義の世界です。
これは1956年制作のイギリス映画『1984』にも通じる世界観です。

e0141635_1541173.jpg


【ストーリー】
消防士として日々本の焼却を行うモンターグは
本を1冊も読んだことがなく、読書は人を不幸にすると信じている。
あるとき通勤モノレールの中で近所の女性クラリスと出会い話をする。
彼女は本の素晴らしさを知っていたが、彼はそれを信じずに否定する。
ある日、ふとしたきっかけでモンターグは本を読み、その虜になる。
しかしそのことが妻や消防団にばれてしまい、逮捕を恐れて街を逃げ出し、
クラリスが教えてくれた本のユートピアを目指す。

【映画の矛盾点】
消防士の上司が作家名や小説のタイトルを口にする場面がありますが
本を嫌悪し焼くだけの仕事をしている消防士たちが
何故そこまで文学に詳しいのかが不明です。
監督としては自分の好きな小説を、会話の中に登場させたかった
のかもしれません。

また逃亡した主人公が捕まらなかったために
政府が嘘の犯人をでっちあげるシーンがありますが
犯人逮捕をせずに嘘の情報ばかりを流していたら、
政府の敵たちはどこかに集まり、レジスタントになる可能性があるのでは
ないでしょうか。全体主義国家にしては対策が甘いと感じました。

【印象に残った映像】
『華氏451』はSF映画ですが、SFらしいところはあまりありません。
しかし個人的にはそんなレトロな部分に強く惹かれます。
自然の多い田舎の町に何故かモノレールが走っていたり、
(乗客がレトロなUFOのように梯子で降りてくるシーンも面白い)
大型スクリーンが置かれた部屋の内装はシンプルで未来的ですが
東洋的なオブジェなどが置かれて少し異様な雰囲気です。
60年代の欧米の家はこんなリビングだったのでしょうか。

他に、発見した本を金網の上で焼く場面もSFとは思えないアナログさ。
あきらかに合成と思われる、警察が空を飛んで主人公を
捜索するシーンも、『マイノリティ・リポート』の原点のようで面白い。
テレビの中の人物と会話できるシステムも、まさに21世紀を先取りしていますが、
会話がほとんどかみ合わず、全体主義的な重苦しさを感じさせます。
今見ると、かなりシュールな雰囲気が映画全体に漂っていますね。
そんな映像の細かな部分を見るのも、SF映画の楽しみの一つです。

【感情が失われた社会は今の世界にも通じる】
この映画で特に印象に残ったのは、
近未来社会では皆、感情を恐れていることです。
家では部屋の中にある巨大スクリーンを見て過ごしているため
人間の感情は失われ、映像に魂が奪われているかのようです。
しかしあるとき、主人公が禁止にされている小説を妻の友人たちの前で
朗読すると、友人の一人が感動して泣きだしてしまいます。
しかしその涙を、皆怖がり本に対して恐怖を感じるのです。

それは私たちのいる社会から見たら異常であり信じられないことですが
テレビやパソコンを見る現在の日常からかけはなれているとは思えません。
むしろ、現在の社会の延長線上に『華氏451』の世界はあるのかもしれません。

「華氏451」"Fahrenheit451"
監督:フランソワ・トリュフォー
制作年:1966年
主演:オスカーウェルナー、ジュリー・クリスティ
原作:レイ・ブラッドベリ『華氏451度』
[PR]
by kou-mikami | 2014-01-13 15:31 | パリの映画



パリ関連の記事やフランス映画を紹介するブログです。パリの写真・観光情報は写真サイト「パリの写真」を御覧ください。
by kou-mikami
パリの写真
カテゴリ
全体
フランス映画
パリの子供
パリの映画
パリの脇役
パリの動物
パリの中の異国
パリのアート
パリの街角
パリの落書き
パリのシルエット
パリ郊外にて
パリの作家・芸術家
パリ関連・その他
パリのお店
パリの公園
パリの文化
パリの小説
パリの演劇
未分類
最新の記事
ジャック・ドワイヨン『ラブバ..
at 2017-02-02 09:27
フランソワ・オゾン『彼は秘密..
at 2017-01-30 08:51
イングマール・ベルイマン『仮..
at 2016-02-05 19:21
ミシェル・ウエルベック『服従』
at 2015-12-11 08:15
ウジェーヌ・イヨネスコ『犀』
at 2015-11-22 12:20
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「パリ、ただよう花」
from ここなつ映画レビュー
映画『ホーリー・モーター..
from INTRO
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧